環境DNA学会

一般社団法人 環境DNA学会は、環境DNA学を生態系の持続的利用や環境保全など、人類全体の幸福に資する学問分野として育成、発展させることを目的として、2018年に新たに設立された学会です。

 


“会員サイトへのログイン”はこちらから
会員サイト

お知らせ

 

環境省「環境DNA分析技術を用いた淡水魚類調査手法の手引き第1版」を公開

環境省では、絶滅危惧種をはじめとした淡水魚類の全国的な分布情報の把握や希少種の保全、外来種対策などの生物多様性保全施策への活用、環境アセスメントにおける生物調査の迅速化及び効率化を目的に、調査手法が捕獲に限られていた淡水… 環境省「環境DNA分析技術を用いた淡水魚類調査手法の手引き第1版」を公開 の続きを読む

第3回環境DNA学会仙台大会開催について

第3回環境DNA学会仙台大会は2020年11月14日〜16日の予定で、東北大学萩ホールおよびマルチメディア総合研究棟(川内キャンパス)での開催を目指してきましたが、現在オンライン形式での開催を検討中です。第36回個体群生… 第3回環境DNA学会仙台大会開催について の続きを読む

龍谷大学におけるリサーチアシスタント公募について

環境研究総合推進費の令和2年度新規課題として「環境DNAに基づく希少種・外来種の分布動態評価技術の開発と実践」が採択されました。 龍谷大学では、本プロジェクトのサブテーマ2「希少種・外来種の生物量推定精度推定と琵琶湖水系… 龍谷大学におけるリサーチアシスタント公募について の続きを読む

琉球大学熱帯生物圏研究センター・西表研究施設でポスドクまたは技術補佐員1名を公募

琉球大学熱帯生物圏研究センター・西表研究施設では、ポスドクまたは技術補佐員1名を公募していますので、お知らせします。公募情報の詳細は、JREC-IN https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJ… 琉球大学熱帯生物圏研究センター・西表研究施設でポスドクまたは技術補佐員1名を公募 の続きを読む

環境DNA調査・実験マニュアル(ver. 2.2)の公開

環境DNA学会において昨年発行しました環境DNA調査・実験マニュアル(ver. 2.1)を改訂し、環境DNA調査・実験マニュアル(ver. 2.2)を公開しましたのでお知らせします。 改訂に当たり学会員の皆様にご意見を募… 環境DNA調査・実験マニュアル(ver. 2.2)の公開 の続きを読む

日本科学未来館との共同社会実装事業

船の科学館「海の学びミュージアムサポート」の協力により、日本科学未来館と連携して、環境DNA を使って小学生の親子が水辺の生態系を調べる活動を行いました。    

環境省「MiFishによる種の識別に注意を要する淡水魚類リスト」を公開

環境省では、淡水魚類について、主にMiFishプライマーによるメタバーコーディング手法の標準化(マニュアルの作成やリファレンスの整備)及び一般への普及(調査体制構築)、データの効果的・効率的な共有を進めています。環境DN… 環境省「MiFishによる種の識別に注意を要する淡水魚類リスト」を公開 の続きを読む

第2回神戸大会 写真紹介

神戸大会の開催風景などの写真をHPにアップしました(ポスターセッション、懇親会、自由集会・公開シンポ)。ぜひ、ご覧ください。なお、学会員の皆様限定の公開となっておりますので、まだ学会員でない方は、ぜひ、この機会に環境DN… 第2回神戸大会 写真紹介 の続きを読む

ニュースレター第2号発行のお知らせ

環境DNA学会のニュースレター第2号が発行されました。第2回環境DNA学会神戸大会の開催報告や環境DNA研究最前線の取り組み、そして、今号からの新しい企画として「環境DNA学の今」の紹介など、多岐にわたって盛りだくさんの… ニュースレター第2号発行のお知らせ の続きを読む

第2回環境DNA学会神戸大会のプログラム集・要旨集を公開しました。

第2回環境DNA学会神戸大会のプログラム集・要旨集が公開されました。神戸大会ページにてPDFファイルをダウンロードしてご使用ください。なお、プログラム集については、大会当日の受付の際に冊子体も配布いたします。 また、大会… 第2回環境DNA学会神戸大会のプログラム集・要旨集を公開しました。 の続きを読む